管理監督者の人の残業代請求について

管理監督者の人は残業代を請求してももらうことはできません。

管理監督者とは会社の経営者と一体となった立場で仕事をする人のことです。会社が大きくなればなるほど、経営者だけでは仕事は回りません。経営者の右腕的な立場、経営者に成り代わって本来であれば経営者自身が行うような仕事を行う人が必要になります。そういう人のことです。

たとえ会社の就業規則で就業時間が平日の9時から5時までと定められていたとしても、経営者にそれが関係ないのは理解できるでしょう。経営者は会社のためであればそれこそ夜や土日も関係なく仕事をしているかもしれません。それが経営者というものです。

ですから経営者に残業代などは関係ありません。そもそも何時間働いたかで評価されるような仕事ではないのです。経営者と一体の立場で仕事をする人にもこれが適用され、残業代を請求するようなことはできません。ただし、これは管理監督者に対してであれば無制限に働かせてよいというような意味に解釈してはいけません。

社長でない以上彼らにも上司がいるわけですが、いくらでも働けとか、少なくともこれだけの時間は残業をしろなどという命令は適切でないだけでなく、そのような命令を受ける人はそもそも管理監督者に該当しなくなる可能性があります。

つまり、必要であれば夜も土日も関係なく働くかもしれませんが、それはあくまでも自分自身の裁量の下である必要があるのです。自分自身の仕事時間について上司命令を受けるような人は管理監督者に該当せず、従って残業代を請求できる可能性が生じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です