管理監督者の残業代請求

管理監督者の地位にある人は残業をしても残業代を請求することはできません。

これは法律上そのような取り決めになっているからで、正確には会社として支払わなくてもよいとなっているだけで別に支払っても構わないのですが、支払わなくてよいとされているお金を支払う会社は実際には皆無でしょうから、請求してももらうことはできないのです。ただし、ここで言う管理監督者と実態としての管理職とは必ずしも同一とは限りません。

多くの会社で、課長と呼ばれるような役職につけば管理職とされて残業代は出なくなる仕組みになっているでしょうが、この仕組みが法律上全く問題がないかといえばそれば別の話だということです。たとえその会社の規則でそのように定められていたとしても法律上の解釈とは別問題です。

管理監督者とは本来、その言葉どおり管理や監督の仕事をしている人を指します。少なくとも自分の仕事の主要な部分が他の人や業務の管理であったり監督である必要があり、自分自身で直接的に何かの仕事を遂行するようなものは管理や監督には該当しません。

確かに課長クラスになれば誰しもある程度は部下の管理や監督の仕事がついて回るものでしょうが、それが仕事のメインとは到底言えず、自分自身も部下のやっているのと同じような仕事をやらなければ回らない、むしろそのような仕事を部下よりも長時間にわたってしなければならないような人は管理監督の仕事をメインとしているとは言えず、残業代を請求できる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です