管理監督者の残業代請求

管理監督者の地位にある人は残業代を請求することはできません。

これは法律でそのように定められているからで、正確には請求できないということではなく、会社側に支払う義務がないということです。ただし、管理監督者とはどのような人を指すのかというのはいろいろと例示が積み重ねられていて、どのような人は該当しどのような人は該当しないのかがかなり明らかにされています。

いずれにせよ社内での役職名が重要なわけではなく、仕事の実態、待遇の実態が重要視されることになっています。多くの会社では管理職に昇進することで残業代が出なくなるようですが、これは過去の例と比較すると疑問も多いと言わざるを得ないかもしれません。本来の管理監督者とは、確かに部下の管理や監督をしていることも重要ではありますが、決してそれだけで十分とされているわけではありません。

もっと会社の経営層、つまり社長や重役に近いレベルというか、そのような人たちと一体的な立場であることが求められるのです。つまり、残業代が請求できなくなる管理監督者とは、会社の経営方針に自分の意見を反映させることができるくらいの立場であることが必要です。部下の管理監督も重要ではありますが、単に仕事の指示命令だけでは十分とは言えません。

誰にどの仕事をさせるかの割り振りとか業績の評価、さらには必要に応じて人の異動や採用にも主体的に関与できるくらいの地位にあることが求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です