年俸制と残業代について

給料を年俸制でもらっている人は残業代が出ないと思っている人が多いのではないでしょうか。

ですが、これは正しくありません。年俸とはあくまでも所定労働時間を働いた場合の一年間の報酬額に過ぎず、残業をすれば残業代が別にもらえるのは当然のことなのです。給料を1年単位で決めるのが年俸制ですが、これと同様に月単位で決めるのが月給制です。

月単位か年単位かの違いだけであって本質的な違いではありません。月給制で給料をもらっているから残業代は出ないなどということはありませんが、年俸制であっても全く同じことなのです。実際にどのようにして残業分の給料を計算するかですが、これにはその人の平均時給を算出しなければなりません。

年俸を一年間の所定労働日数で割り、さらに1日あたりの所定労働時間数で割れば平均時給が算出できます。例えば年間の所定労働日数が240日で、1日の労働時間が8時間の人がいれば、年間の労働時間数は1920時間になります。

自分の年俸を1920で割れば平均時給が計算できます。話を分かりやすくするために年俸が例えば576万円だとすると、1920で割って平均時給は3000円となります。

ただし、残業に関しては最低でもこの平均時給の25%増しの賃金を支払わなければならないという法律がありますので、残業時の時給は最低でも3750円です。これに実際に残業した時間数を掛け算すればその人の残業代を計算することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です