未払い残業代の事は問題に強い弁護士に相談へ

残業を毎晩欠かさずにしているにも関わらず、未払い残業代が発生している人々がいます。

ブラック企業という言葉が流行り、また普通の言葉になっています。本来未払い残業代とは違法な行為です。しかし、日本国内に数多くのブラック企業、そしてブラック体質な職場があるため、未払い残業代についても、なぜか普通の事として人々の間で受け取られています。

赤信号皆で渡れば怖くない、これが未払い残業代の実態です。しかも恐ろしい事に未払い残業代を請求するサラリーマンの方が職場内で少数派です。また残業代を請求する事自体を問題視する現場もあり、まるで労働者が不当に会社からお金を引き出そうとしている行為のように見る管理職もいます。

また職場の人間の大多数が残業をしても、残業代を請求していなければ、自分ひとりだけが請求する事に強い罪悪感を覚えます。しかしながら、やはり残業代の未払いが続いている事は完全に違法状態です。

労働者には働いた時間分、お給料を受け取る権利があります。周囲の人々が「辞退」していても、自分もそれに従う必要はありません。最近では労働問題について、外部の弁護士に相談する人々もいます。

労働問題について詳しい弁護士事務所に行けば、残業代の事や職場環境の不可解さについて相談が出来ます。自分一人ではなかなか難しい残業代の請求も、弁護士の支援を得れば楽々です。

弁護士という法律家のパワーがあれば、溜まっていた大量の未払いのお金を一挙に取り戻せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です