未払い残業代があり、悩んでいるなら弁護士に相談を

元々社員と経営者の間に、法的な上下関係はありません。

上司の命令には従う必要はありますが、一方で不当な労働環境を受け入れる義務はありません。日本の労働環境は年々悪くなってきています。最近の若者は忍耐力が無い、といった若手社員をバッシングする意見が目立ってきましたが、専門家の多くがむしろ最近の若者は勤勉で真面目であり、むしろ真面目過ぎるとも言われています。

一方で本来であれば若手社員のお手本となるべき中堅社員の方が指導力に欠けていると識者は指摘します。自分よりも立場の弱い若手社員に対して不当な形で残業を強いたり、未払い残業代をあれこれと理由とつけて振り込まなかったり、セクシャルハラスメントを日常的に繰り返す等、どちらかと言うと若手社員よりも指導力とコンプライアンス意識の低い管理職の増加が、弁護士の間で懸念されています。

未払い残業代が大量に溜まっている方、そして日常的なパワーハラスメントやセクシャルハラスメントに悩まされている方は弁護士に相談しましょう。弁護士は弱い立場に置かれた若手サラリーマンの味方です。未払い残業代を請求する事が、最近ではまるで悪い事のように語られる事も増えてきましたが、それは本当に妙な事です。

未払い残業代が全て受け取れたら、もっと生活が楽になるのにと思っている方は一度弁護士に相談してみましょう。相談だけなら気軽に出来ますし、苦しい労働環境の苦境を弁護士に聞いてもらえば、良い改善策を提案してもらえます。

未払い残業代は弁護士に相談するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です