未払い残業代を請求する際には弁護士に相談

残業をしたのにその残業代が支払われない場合は労働者に請求する権利が生じます。

これは労働基準法で決められている会社側の義務であり、これに違反すると会社側が処罰されることになっていますが実際には様々な理由をつけて支払わない会社も少なくありません。中には勤務実績を書き換えて証拠を残さないようにするといった悪質なところもあるので注意が必要です。

このような場合には速やかに弁護士に相談することが大切です。証拠が残っていない場合通常は残業をしたことを証明する手段がないと考えられがちですが、弁護士はその事実を確認するために様々な手段をとってくれることが多いので安心して依頼することが重要です。

未払い残業代の支払いを行わない会社は一般的に勤務実績等の消耗を抹消していますが、実際の利益との裏付けを行うためにはこの書類が必要となることが多く従業員の目の届かないところに隠していることが多いのです。

また未払い残業代が発生している事は従業員の勤務状況を調べればわかり、弁護士はそのために他の社員の帰宅時間をチェックしたり、これはと思う社員にインタビューを行うなどの様々な手段を講じて実態を確認してくれます。

社員の勤務状況を長時間かけて確認し、実際の勤務実績との突き合わせを行ってその不一致を暴くのです。未払い残業代の支払いを行わない事は労働基準法に違反する行為です。

弁護士に相談することでしっかりと支払いを行わせることができるばかりでなく、悪質な場合には労働基準局に告発されることになるので泣き寝入りせずに弁護士に相談することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です