未払い残業代があるなら弁護士に依頼

以前働いていた会社で残業代を支払ってもらうことが出来なかった場合や、今働いている会社が規定通りの残業代を支払ってくれないというケースでは、未払い残業代を弁護士に請求してもらうことが一番です。

個人ではなかなか企業に対して請求するのは難しく、うまく言いくるめられてしまう可能性もありますが、法曹の専門家ならば企業側の間違った部分を法的根拠を持って指摘してくれるので、不正に支払っていなかった残業代がある場合にも確実に取り戻すことが出来ます。未払い残業代はなるべく早めに請求しなければ時間が経過するごとに請求が難しくなります。

このため賃金で何か不自然なことが会ったら必ず弁護士に相談するようにしましょう。着手金無料で請求をしてくれる所や、成功報酬型のところなど色々な傾向がありますが、どこも利用者の目線に立って親身に相談に乗ってくれるので初回相談料を取られることはありません。

未払いの証拠が確実にある場合にはその証拠を持って事務所まで相談に行くようにしましょう。企業相手の訴訟を得意としている弁護士ならば請求までの手順もスムーズにやってくれますから、これまでなかなか支払ってくれなかった企業に対しても残業代の請求を行うことが可能ですい。

未払い残業代があってもなかなか請求しないという人は少なくありませんが、働いた対価をもらうことは当然の権利でですので、必ず弁護士を使って未払い残業代を払ってもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です