弁護士を活用して未払い残業代の交渉を

未払い残業代とは、所定の勤務時間外に上司の命令等で勤務したにもかかわらず、その時間外勤務について通常の時間単価に法定の割増率を掛けた金額を時間外手当として支払っていないもののことをいいます。

法制度の基本的な考え方としては働いた分についてはきちんと賃金を支払うということになっており、このルールを破る場合には民事の未払い残業代請求の対象になるのみならず、刑事罰の対象ともなる行為です。しかし、実際には未払いが生じている会社等が存在しているのも事実です。

そのような場合には、自分が職務命令に基づいて残業したことや、その残業時間について証拠資料を準備した上で会社と交渉する必要があります。この段階で問題となるのが、タイムカードなどの自分の勤務時間を管理しているものがコピー等を取ることができるものかということです。

これが取れないとすると、勤務時間の立証する方法を考えなければなりません。そこで、未払い残業代の支払に関する交渉技術及び立証についてノウハウを持つ弁護士に支援を依頼するとよいでしょう。

例えば、弁護士が行う勤務時間の立証方法について、会社で利用しているメールの利用履歴などを自分がプリントアウトして所持しておくことや、その証拠としての見せ方など交渉が決裂して裁判に進んだ場合の立証も見据えたアドバイスを法律の専門家として行ってくれるでしょう。

そして実際に訴訟になれば依頼すれば弁護士が訴訟代理人として支援してくれます。このような専門家の支援を受けた上で未払い残業代を請求するのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です